×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニーハイブーツ

ニーハイブーツの選び方が重要です。

ニーハイブーツ情報

  

ニーハイブーツの素材

ニーハイブーツの素材もさまざまなものがありムレたりすぐにキズがついたりとあります。まず下図一番左ですが、ムートンでできています。ムートンは1本1本の繊維が縮れているため60%もの空気を含んでおり冬は暖かく夏は涼しいのです。次に下図の左から二番目のニーハイブーツですが合成皮革です。合成皮革は硬いものや突起物に強くあたるとキズがつきやすいです。しかも目立ちやすいので注意が必要です。そして、下図中央右のニーハイブーツの素材はスエードです。汚れやすく、色が変色しやすいのが特徴です。ツヤがないためシックに見えます。最後に残ったニーハイブーツはキャンバス地です。キャンバス地は昔、幌馬車やテントに使用されていたこともある丈夫な生地です。

ニーハイブーツの手入れ

ムートンのニーハイブーツにおいてはソフトな素材のブラシで軽くホコリや汚れを払う。毛並みを揃えるようにブラッシング。<BR>
スエード専用のブラシで毛並みを揃えるようにブラッシング。ただし、ブラッシングをしすぎると毛足がはげることがありますのでお気を付けください。合成皮革はさきほども言いましたように表面に傷が付きやすいので硬い物や突起物に強く当たらないようにしましょう。どうしてもキズがついた場合、小さいキズであれば市販の革専用のクリーナーでこすれば取れます。しかしこすり過ぎますと合皮がハゲますので注意が必要です。汚れが付着した時は水拭きで取り除いて下さい。洗剤を使用した時は洗剤が残らないようによく拭取って下さい。スエードのお手入れには、まず汚れをスエードブラシで丁寧に取り除きます。次に部分的に落ちにくい汚れは、固形タイプのクリーナーで丁寧に汚れを取り除きます。そして全体的な汚れは液体タイプのスエードローションで落とします。最後に補色と防水効果を兼ねたスプレータイプのスエードカラーで毛足を保護します。仕上げはブラシで毛足を整えます。キャンバス地のニーハイブーツはふだんから、ほこりをはらっておきます。汚れた場合は、スニーカー用のシャンプーを直接吹き付けてしばらく待ちます。汚れが浮き上がってきたら乾いた布でこすり落とし、その後、完全に湿気をとばしておきます。

ニーハイブーツの保管

ニーハイブーツの保管についてですが箱に入れて積み重ねたままはやめましょう。密閉された箱の中は湿気がたまりやすく、カビや匂いの原因になってしまうからです。ブーツ自体をちゃんとと立てて、日陰などに置いておきましょう。しかし、ニーハイブーツともなると長いため曲がってしまいます。それでは、せっかくの美しい形が崩れて、履いたときに美脚効果は望めません。そこで、ブーツキーパーを使い、形を整えて保管してあげましょう。また、一日履いたら一日休ませることも必要です。日々のケアとしては、朝、履く前の防水用のスプレーをかけることもいいでしょう。汚れの付き度が変わってきますし、ちょっとした雨なら水をはじいてくれます。スエードのブーツならブラッシングと防水スプレーがけを、スムースレザーは無色のレザー用クリームと防水スプレーで、美しさをキープしましょう。

自分の手で商品をとり、自分の目で見て、一度はいてみる。これなら失敗は少ないでしょう。しかし、店に自分の気に入るニーハイブーツがあるとは限らないし、有名なものでも売り切れでインターネットでしか手にはいらない。そんなこともあるかと思います。今ではインターネットでもいろいろな角度の写真や説明が豊富なので失敗は少ないでしょう。ただ、やはり一度もはくことなく購入するので自分の足のサイズを似たようなニーハイブーツなどでためしておきましょう。あとお店によっては届いた際にキズがあるなど初期の不良に関してしか返品を受け付けないところもありますので事前に確かめておきましょう。
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
サイトマップラス Powered by SEO
Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.